【子どもも大喜び!】卒園祝いディナーは生ものナシの“そぼろ寿司ケーキ”

卒業シーズンが今年もやってきましたね。春からは小学校に進学するお子様をお持ちのご家庭は、この春は卒園と入学が控えているシーズン。

卒園式の日は家族みんなで食卓を囲んでお祝いをしたいものです。そんなときにもピッタリな節約&見た目もきれいなディナーを今回はご紹介したいと思います。

お子様に喜んでいただけるのはもちろん、お兄さんやお姉さん、お父さんお母さんもみんな喜べるお料理をご紹介します。

生ものが苦手な家族も喜ぶ、見た目もきれいなそぼろ寿司ケーキ

お祝いといって真っ先に思い浮かぶのがお寿司。
その中でも、華やかなちらし寿司を思い浮かべる方は多いのでは。でも、生魚や魚介類が苦手という方も結構多かったりします。そこで、見た目はちらし寿司みたいに華やかで、生魚や魚介類を使わずできる、そぼろ寿司を使ったケーキをご紹介します。

作り方はとっても簡単!ケーキのように成型すれば、デザートのケーキ代も節約できちゃうという節約家のお父さんやお母さんにとっても嬉しいお料理です。

まず、錦糸卵と鶏そぼろを作ります。鶏そぼろの味付けは、酒、醤油、砂糖で甘辛く作るのがポイントですが、ご家族の好みに合わせて割合を調節するとよいでしょう。

その次に炊き上がったご飯にお酢を混ぜて、酢めしを準備します。酢飯が苦手なお子様がいる場合は、白飯のままでもOKです。

最後に、ケーキ型に成型して完成です。
型に合わせてラップを敷いて、錦糸卵を散らしたら酢飯の半分を平らに詰めます。そこに鶏そぼろを全体にのせ残りの酢飯を平らに詰めて、落とし蓋などで軽く押して形を整えましょう。その状態でお皿を上からかぶせてひっくり返してラップをはずせば、見た目もかわいいそぼろ寿司ケーキの完成です。

余裕があれば、最後に三つ葉やカイワレなどの葉物、グリンピースや枝豆などで彩りを加えて、飾り付けをしてみて下さいね。卒園のお子様も家族もみんなで喜べる一工夫レシピの完成です!

About 篠田 和也 1 Article
雑誌社勤務後、フリーライター転身。主に、カルチャー、音楽系のWEB媒体、雑誌など中心に活動する。

Be the first to comment

コメントをする

入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、本サイトを設置しているサーバーに保存されます。




CAPTCHA