余ったりんごがお弁当の一品に!甘酸っぱい「りんごの豚肉巻き」

秋は果物が美味しい季節ですが、みなさんは秋の果物と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

なし、ぶどう、桃、柿、イチジク、ザクロ、アケビなどたくさんの果物がありますが、何と言ってもはずせないのは「りんご」ですね。りんごは、夏のおわりごろから出荷量が増え、値段も下がっていきます。

農林水産省の統計によると、主要卸売市場での卸売価格は9-10月から2-3月ごろまでまでが安く、7-8月にかけて徐々に値段が上がっていきます。

出典|農林水産省/青果物卸売市場調査の結果(平成27年10月分)

つまり、この時期にりんごを使わないともったいない!ということです。もちろん、たくさんのりんごが流通するため、甘くて美味しいりんごはそのまま食べれば良いのですが、少し時期を過ぎると傷んでしまい、味も落ちてしまいます。

そこで、味が落ちたりんごは食卓に並べる一品として、美味しく調理してしまいましょう。

今回は、旬のりんごをつかって、簡単にできる節約レシピをご紹介します。

りんごの豚肉巻き:材料(3人分)

材料 数量 価格
豚モモ切り落とし 6枚程度入り ¥210
りんご 1/2 ¥75
小麦粉 少々
サラダ油 大さじ1
塩・こしょうor醤油or焼肉のタレ 各少々
にんにく 1片

りんごの豚肉巻き_1

材料費は、1人あたり約95円です。

※ 材料費は底値で計算しています。調味料は含みません。

りんごの豚肉巻き:つくり方

半分のりんごを6等分(お肉の枚数に合わせる)し、豚肉の薄切りで巻く。
※ 巻き終わりに少し小麦粉をふりかけるとお肉が止まり易い
軽く小麦粉を全体に振ったら、フライパンにサラダ油を敷いて、巻終わりの面を下にして焼く
巻き終わりの面が焼けたら、各面を程よく焼いていく
全体的に焼けたら、焼肉のタレor醤油or塩コショウを軽くかけます。
これで完成!

りんごの程よい酸味と甘みで、油の少ない豚のモモ肉でもジューシーで美味しくいただけますよ♪

りんごの豚肉巻きのポイント

りんごの豚肉巻きは、りんごの酸味が強い方が美味しく出来ます。というよりも、甘みがあるりんごは、皮を向いてそのまま食べた方が美味しいので、もったいないですよ。

たくさんもらってしまったり、時間が経ってちょっとボケてしまったりんごは、今回のように調理して美味しくいただきましょう。給料日前などで、お財布がさみしくなったときでも安心な節約料理ですね。

ちなみに、このような肉巻き系の料理は肉を巻いた後に小麦粉をノリ代わりにしてくっつけてから火を通せば、爪楊枝を使わなくてもバラけることなく、見た目もきれいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
ぜひ、お試しくださいね♪

マネーゴーランド 編集部
About マネーゴーランド 編集部 5 Articles
日常のお金の使い方やお金の貯め方、損をしないお得な情報、節約術など、生活に密着したお金の話題をお届けします!

Be the first to comment

コメントをする

入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、本サイトを設置しているサーバーに保存されます。




CAPTCHA