巻きす無しでも簡単!一人前78円【節約★恵方巻き】レシピ

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

2月3日は節分です。

2017年 恵方巻きの方角は?
2017年の恵方は、「北北西」です。
無言で丸かぶりする恵方巻、今年は手作りでいかがですか?

ということで!

今回は、【巻きすがなくてもできる!簡単節約恵方巻】です。

簡単節約恵方巻

巻きずしは、巻きすがないとできないイメージがありますが、アルミホイル(またはラップ)があれば、手軽に作ることができますよ♪

では!作り方です。

巻きすがなくてもできる!簡単節約恵方巻の材料

材料 数量 価格
ツナ缶 1缶 ¥70
かに風味かまぼこ 小6本 ¥29
きゅうり 1/2本 ¥10
1個 ¥10
マヨネーズ 大さじ1
温かいごはん 300g
[A]酢 大さじ2
[A]砂糖 大さじ1
[A]塩 少々
焼きのり 2枚 ¥36

今回は1人分¥78です。

※ 材料費は底値で計算しています。調味料は含みません。

巻きすがなくてもできる!簡単節約恵方巻のつくり方

ボウルに卵を溶きほぐす。底が平らな耐熱皿にラップを敷き、卵液を流しいれ、電子レンジ(600w)で50秒加熱していったん取り出し、20秒追加して加熱する。
ボウルに卵を溶きほぐす。耐熱皿にラップを敷き、卵液を流しいれる
皿からラップごと取り出し、手前からくるくるときつく巻き、細長い厚焼き玉子のように成形し、ラップでキャンディ状に包む。
電子レンジで加熱する。細長い厚焼き玉子のように成形し、ラップでキャンディ状に包む
電子レンジ(600w)で20秒加熱し、粗熱が取れたらラップを開いて縦半分に切る。
電子レンジで加熱し、粗熱が取れたらラップを開いて縦半分に切る
きゅうりは細長く切る。ツナ缶は油分を切り、マヨネーズと合える。
きゅうりは細長く切る。ツナ缶は油分を切り、マヨネーズと合える
ボウルに温かいごはん・Bを加え、切るように混ぜる。
ボウルに温かいごはん・Bを加え、切るように混ぜる
アルミホイルを焼きのりより大きめに敷き、上に焼き海苔をのせ、3.のごはんの半量を全体に薄く広げ、
アルミホイルを焼きのりより大きめに敷き、上に焼き海苔をのせ、3.のごはんの半量を全体に薄く広げる
1.のたまご・2.のツナときゅうり・かに風味かまぼこをのせる。
1.のたまご・2.のツナときゅうり・かに風味かまぼこをのせる
のせた具を芯にしながら、手前からラップごと持ち上げ、
のせた具を芯にしながら、手前からラップごと持ち上げる
ぎゅっときつめに巻きこむ。
ぎゅっときつめに巻きこむ

これで、出来上がり♪

恵方巻 完成
アルミホイルの方がしっかりしているので、ラップより扱いやすいですが、もしアルミホイルがなければ、ラップでも大丈夫です。

電子レンジでたまごやきを作って巻くだけ!超簡単な巻きずしです。
加える具は、お好みの食材を使ってもいいですよ。

ぜひ、お試しくださいね☆

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

武田 真由美
About 武田 真由美 73 Articles
『真由美さんの1週間2500円節約レシピ』で紹介する簡単おいしい節約レシピが好評。近著に『節約女王・武田真由美の一汁二菜15分150円晩ごはん』(主婦と生活社)、雑誌やテレビなどで活動中。 https://ameblo.jp/bistromayumi/

Be the first to comment

コメントをする

入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、本サイトを設置しているサーバーに保存されます。




CAPTCHA